Emi Meyer

Emi Meyer(エミ・マイヤー)/日米で活動するシンガー・ソングライター。日本人の母親とアメリカ人の父親の間に京都で生まれ、1歳になる前にシアトルに移住。2007年にシアトル―神戸ジャズ・ボーカリスト・コンペティションで優勝。デビューアルバム「キュリアス・クリーチャー」は iTunes Storeや多くのCDショップのJAZZ チャートで首位を獲得。iTunes StoreではJAZZカテゴリーの年間ベスト・ニュー・アーティストにも選ばれた。暖かなスモーキー・ヴォイスは数々のCMでも聞くことができる。また、Jazztronik、Cool Wise Man、ケン・イシイ、大橋トリオ、Def Tech、さかいゆう、永井聖一(相対性理論)らとの共作曲でも幅広い層に支持されている。映画「ビリギャル」「あゝ、荒野」では挿入歌を歌唱。前作「モノクローム」はiTunes Storeのジャズチャートでシングル、アルバムともに1位となった。2019年はデビュー10周年のアニバーサリー・イヤーとなり、4年ぶりのニュー・アルバム「ウイングス」がリリースされる。

http://emimeyer.jp